コラーゲンの真実

コラーゲンの真実

美容に良い成分として有名なのはコラーゲンであり、現在は、コラーゲン関連商品が

 

多々発売されています。

 

 

CMや雑誌などでも、ハリや肌荒れ、若さを保つためにはコラーゲンが必須、という感じの

 

内容で表現されている事が多く、コラーゲン商品を摂取すれば、体の中でもコラーゲンの

 

状態のままと思う人が多いですが、実は、コラーゲンを摂取しても、体の中でアミノ酸に

 

分解され、コラーゲンとして残るのはほとんどありません。

 

 

つまり、コラーゲンを含むものを食べても、アミノ酸に分解され、タンパク質になるので、

 

摂取してすぐにキレイになる、というのは、コラーゲンのおかげではなく、体中にアミノ酸が

 

行き渡り、栄養が充填されたから、と言えるのです。

 

 

コラーゲンはタンパク質の一種なので、アミノ酸が作られタンパク質になるのは決して

 

無駄なことではありませんが、色々と足りない部分にアミノ酸は巡っていくので、

 

期待していた美容効果は無い可能性があります。

 

 

コラーゲンを摂るという事は、アミノ酸を摂取するという事であり、アミノ酸は色々な場面に

 

使われるので必須栄養素ではあるのですが、美肌を目指しているのであれば、高い

 

コラーゲン商品を購入するよりは、タンパク質をしっかりと摂ったほうが肌のためには良いです。

 

 

色々と調べれば栄養素の不思議がわかるし、商品の裏事情も理解できるので、美容の為に

 

何かするのであれば、まずは、知ることから始める事をオススメします。

 

 

コラーゲンの摂り方 http://www.kkbrf.com/

美肌効果だけではないコラーゲンのアンチエイジング効果

 

コラーゲンといえば、美肌のためのスキンケア商品として、その名を聞かない日はありません。

 

お肌の保湿能力を高める働きや、しわを解消する為の働きなど、その活躍ぶりは、まさしく

 

枚挙に暇がないほどです。

 

 

ところがこのコラーゲン。

 

アンチエイジング効果にも、重要な働きがある事は、意外に知られていない事実です。

 

いえ、それどころか、コラーゲンは人間の肉体の老化を図るための、重要な指標の一つとさえ、

 

言うことができるのです。

 

すでに広く知られた事実ですが、人体のタンパク質の三分の一程度がコラーゲンで占められています。

 

これは加齢と共に減少し、コラーゲンが減少する事で、様々な老化現象が進行します。

 

例えば、皮膚の真皮層を構成しているコラーゲンが現象すれば、それは皮膚のシワや乾燥という形で

 

現れますし、脱毛や白髪だって、真皮層から毛髪への、適切な栄養補給が行われない結果です。

 

 

軟骨の半分以上がコラーゲンで構成されている為、これが減少すると軟骨がすり減り、関節痛などの

 

症状も引き起こされてきます。

 

加齢と共に減少するコラーゲンですが、幸いな事に適切なコラーゲン補給によって、その問題を解決

 

する事ができます。

 

品質の良いコラーゲンを適宜、補給する事で、アンチエイジング効果を期待する事ができるのです。